世界一周達成しました!!


JAPAN


旅中は、様々な人に大変お世話になりました。

今後また世界のどこかで再会できることを願っています。

次は日本一周ですかね。

2013年01月05日

くすくすクスコ

沈没したい

でも沈没するとその分南米の絶景に会えなくなる

揺らぎまくりの日々でございます。

とくに今いるクスコ

凄く感じがいいです。

旅友と日本でいう京都みたいな感じかなんて話したり

※京都が感じの良い都市かどうかは知りません。

ごめんなさい。

晴れた日なんて、クスコの街並最高にきれいです。


IMG_1415.JPG

バスターミナル近くの丘なんですが、何か色合いとかかわいいです。


IMG_1414.JPG

そしてこれスタバですね。
他にもマックとかケンチキとかあるんですが、チェーン店特有の明らかに目立つ店構えでは無く、ここクスコのそれらは街並に合わせた控えめな、街並に溶け込んだデザインです。

最初来た時、宿の目印がマックだったので、溶け込みすぎて全然見つからなくて、聞くとその前3、4回通ってたというオチです。


PC311907.JPG

また標高が3400mあるので(もうすぐ富士山)、空が近く、よって青もきれいです。

南米の都市って標高高いところが多く、空きれいで好きです。


PC311932.JPG

クスコの中心アルマス広場のカテドラルです。
これとか、天気によって印象が全然違いますし、クスコのラスボス感が半端じゃないです。


PC311889.JPG

宿の屋上からですが、昼はこんな感じで、夜はクスコすり鉢上の街なので、明かりが凄くきれいです。


朝晩は寒いのですが、日中はポカポカして日本の春みたく、ぼーっと宿の屋上で街を眺めていたいです。

アジアでよく立ち止まっていたことは、今考えると凄く贅沢だったように思えます。

南米に入って、その物価に結構驚いていて、

それは想像していたより高く、とくに交通費とかもう涙が出そうになったりと、

でもそれ以上に南米は

見所が多すぎる!!

リストアップしているだけでも、アジアの5倍くらいあります。

旅で何を見たいかってのは、人それぞれだと思いますし、ぼくの場合は「自然」が占める割合が大きくて、南米に見所が集まるのは当然です。

それでも、南米は世界一周のハイライトなんて呼ばれていたりするくらいで

ぼくもその言葉に納得です。

見所が多すぎると共に

時間も無い!!

そうだぼくには時間がなかったのです。

南米には時間を取っていたつもりなんですが、どう考えても全部見るには時間無いです。

よって


南米もう一回来るよ。


これ決定です。

今度は、イースター島ガラパゴス島南極

またキリがなくなるのですが

世界一周戻ってきたいとこダントツNo.1ですね。



ということで、もうボリビアに行きます!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
posted by ぼら at 02:14| Comment(0) | ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

あけおめマチュピチュことよろ

IMG_1307.JPG


あけましておめでとうございます!

て言っても、こちら1月3日で、

箱根駅伝も終わってますが、

元旦気分も無くなってますが、

こんなぼくですが、


今年もよろしくお願いします!!



さて元旦マチュピチュに向け、

このマチュピチュを見るために

コロンビア、エクアドルを弾丸で降りて来て、さぁ!



IMG_1362.JPG



やっぱマチュピチュはマチュピチュです。

すごいです。

長期で旅していると、どうしてもすべての景色に感動できなくなってしまうことがあります。
たぶん、旅始めたばかりだったら、こんなことでも感動してんだろうなって。

でも世界には、そんな旅慣れなんて全くちっぽけなものになるような景色があります。

マチュピチュもその1つです。


雨季なので天気を心配していましたが、遺跡にたどり着いた瞬間から晴れ

真っ青な青空とまではいきませんが、マチュピチュを十分に照らしてくれるくらいの日差し。

ありがとう!元旦。

2013年の始まりにふさわしい世界遺産でした。


入場制限がかかっている、ワイナピチュ(写真の正面の山)は大人気でチケットが取れず、ぼくは反対側のマチュピチュ山に登りました。

急な坂の連続でしたが、天気が良いうちに頂上に上がってしまいたかったため、高速トレッキングw

大体、マチュピチュが2500mくらいで、このマチュピチュ山の頂上は標高3000mを越えます。



IMG_1328.JPG



マチュピチュがホント小さく見えます。


しかし、その存在感は以上です。


どうしてこんなところに文明を築いたのか!?



IMG_1320.JPG



遺跡の周りを見渡すと、マチュピチュ遺跡って切り立った山に囲まれるようにあって、まさに自然の要塞のようなんですね。


まさに秘境です。




IMG_1300.JPG


山から、降りてもまだまだ天気は良かったので、かっこつけての1枚。


遺跡の中を見て回ったり、周辺の見所に足を伸ばしたりしましたが、マチュピチュは





IMG_1291.JPG




これ!!






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

posted by ぼら at 06:57| Comment(0) | ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年の大晦日は散々。

2012年ラストの日


クスコの文化庁にて

IMG_1276.JPG

マチュピチュのチケットを購入しました。

文化庁で購入する場合は「国際学生証」が使用できるため、半額でチケットを手に入れることができました。


マチュピチュ村までの行き方はいろいろあるみたいですけど、

もちろん

最安で


体張りましょう!


1日かけて、コレクティーボを乗り継いで、最後は線路を歩いて、

全然、わくわくしないプラン

しかも大晦日に

みんな紅白実況中継してる中


順調に気持ち悪く坂道を進んでいたコレクティーボが突如停止し、

外に出てみると


IMG_1278.JPG


土砂崩れ。

雨季のここらではよくあるようですが、これ以上前には進めなくなりました。

明日のマチュピチュのチケットを持っているため今日中にマチュピチュ村まで行きたいぼくらは、ここで立ち止まっている暇はありません。

土砂崩れを越えて、運良くタクシーを拾うことができ、そこからは順調なペースで進みます。

車で行ける限界の、マチュピチュ村近くの水力発電所に到着したのが18:30。

辺りはもう暗くなり始め、ここから2,3時間かかると言われているマチュピチュ村までの道のりが鬱に感じます。

IMG_1284.JPG

こんな感じの線路の上をひたすら歩いて行きました。

ちょっと期待していた電車とのすれ違いも無く

すっかり暗くなった21:00にマチュピチュ村に到着しました。

約12時間の移動に疲れ果てていた男3人はカウントダウンをすることも無く、宿で眠りにつきました。

大晦日感全く無しの1日で

しかも年越しも逃すという、散々でしたが、

何たって明日は「元旦マチュピチュ」



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
posted by ぼら at 05:49| Comment(0) | ペルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。