世界一周達成しました!!


JAPAN


旅中は、様々な人に大変お世話になりました。

今後また世界のどこかで再会できることを願っています。

次は日本一周ですかね。

2012年12月29日

キトで中華料理

長時間の移動で疲れ切ったぼくはキトに2泊することにしました。

キトは赤道直下の街ですが、標高が2600mあるので、気候的に丁度いいです。

日中は半袖でもいけ、朝晩は長袖という初夏みたいな気候です。

そんなキトで赤道には行ったものの、特に何をするわけでもなく


あーー、久しぶりの宿で何もしない


忘れていた感覚

ゆとり旅

またーり

うわーー、アジア懐かしー。

朝起きて、今日何しよ!?

昼飯食って、午後何しよ!?

夜飯食って、明日何しよ!?

それが5日間くらい


南米は見所が多過ぎます!!


ぼーっとしていたら、どんどん時間が無くなり、その分すばらしい景色を見逃す、恐ろしいところです。


泊まっているホテルの近くに美味い中華屋があるという、ネットサーフィンの成果により


PC261844_convert_20121228224210.jpg


中華最強です!


世界中どこにでもあって、なおかつ安食堂があって、日本で味わえるものが食べることができる。

この中華料理屋では、餃子が特においしく、10個入りで3$です。

家庭的な味がとても魅力的です。


かなり中華が名残惜しい感じですけど、移動します。

リマに弾丸で行きたいがため、どのように移動するか考えます。

南米はバスが充実しているので、結構いろんなルートがあり、値段もバラバラです。

ぼくは、キト→グアヤキル→リマ

キトからグアヤキルまでPanamericana社で11$

グアヤキルからリマまでOrmeno社で70$



25日(※クリスマス)の夜にキトを出ます。

8時間でグアヤキルのバスターミナルに着き、バスターミナルの外に出てちょっとしたところにあるOrmeno社のオフィスに行くと、バスが止まっていました。

交渉すると乗車OK

乗り換え時間0でリマ行きのバスに乗り込むことができました。

グアヤキル−リマ間は毎日運行しているらしく、値段は国内のバスに比べ割高ですが、一気にリマまで行きたい人はオススメです。


PC261846_convert_20121228224953.jpg


あーー懐かしのボゴタ−キト間の40時間を共にしたバス再びです。


全然懐かしくない!


3日前のことがもう懐かしくなってる。

南米にいると時間が経つのが恐ろしく早いです。

旅が終に近づいてるってことでもあるんですかね。

グアヤキル−リマ間は28時間

またまた長距離の移動になってしまいましたが、バスの中は割と空いていて、座席2つ使って、楽に移動できました。

グアヤキルを出て、4時間ほどでイミグレへ。


PC271851_convert_20121228231819.jpg


両国の窓口が並んであるので、エクアドルの出国とペルーの入国が同時にできました。


PC271855_convert_20121228233909.jpg


さらにバスはこのような乾燥地帯にあるパンアメリカンハイウェイをひた走ります。

バスで南米を旅するとその大きさを肌で感じることができます。

リマに着いても、カラカス−ウシュアイア南米縦断の道のりのまだ3分の1です。


リマに到着したのが、朝10時。

調子に乗って、クスコまでのバスに一気に乗り込もうとバス会社のオフィスに。

ちなみに、Ormeno社のオフィスからクスコ行きを扱っている、Cruz del Sur社やCiva社のオフィスまでは歩いて1分くらいの道の反対側にあるので、タクシーに乗らないで下さい!

クスコまで
Cruz del Sur社180ソル
Civa社150ソル


どちらの会社も、その日の便はいっぱいで次の日のバスをCiva社で予約しました。

完全に移動中毒に陥っていたぼくに釘を刺してくれたようです。

リマの日本人宿「江田インBB

ドミが空いていなかったため、シングルへ。
1泊なのでゆっくりしようと思いました。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
posted by ぼら at 00:02| Comment(1) | エクアドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

赤道ってホントそれだけやな笑

ベッドの快適さまじ半端じゃないです。

どのくらい半端じゃないかと言うと、


寝心地良過ぎて、5時間しか寝れず、途中4回ほど起きました。


バスの方が寝てるってどういうことや!?


4日間の疲れを取るため、キトで2日過ごすことにしました。

主にしたこと

・赤道に行く

・アウトドアショップ物色

・中華料理屋で餃子をたらふく食べる



泊まっているホテルは新市街マリスカル地区にある
「Huauki」
Joaquim Pinto E7-82 y Diego de Almagro
歩き方に載っています。
ドミ8$、シングル15$、ダブル30$
朝食、WiFi、ホットシャワー、キッチン


マリスカル地区の中心部に位置し、Panamericana社のオフィスも歩いて5分。毎日きれいに掃除されていて清潔ですし、レセプションのスタッフには英語を話せる人もいます。


PC241821_convert_20121226031709.jpg


PC241822_convert_20121226032214.jpg


キトで最安ならば、旧市街のスクレですが、泥棒宿、汚い、ヒッピー、治安悪いなどのワードを聞いていました。

ぼくは実際に滞在したわけではないので、本当のところは分かりませんが、4日ベッドで寝ていない頭で思考した結果、当然この宿になりました。


判断は間違っていませんでした。






マリスカル地区に見所はありません。

オシャレなカフェショップやレストランアウトドアショップ、ホテルが集合しているだけです。

警察の数が多く、深夜も道の角に立ってパトロールしてくれているので、聞いていたほど恐怖を感じることはありませんでした。

もちろん夜遅くは出歩かないようにしていました。


キト郊外のアクティビティとして、赤道記念碑、コトパクシ山トレッキングなどがあります。

コトパクシ山トレッキングで雲海から除く朝日を見たかったのですが、何せ今時間がない。
それに加え、雲海からの朝日はボリビアのワイナポトシで挑戦する予定なので、今回のキトのマストイベントは赤道記念碑に行くことだけです。


マリスカル地区から歩いて15分でメトロバスの通っているAv.Americaに着き、そこからメトロバスに乗り20分ほどで、オフェリア駅、赤道記念碑行きのバスに乗り換え30分。

大体1時間で赤道記念碑に着きます。

期待していませんでしたが、その通りでした。

過剰な期待は、旅では命取りなので、軽い気持ちで言ったのですが、それを上回る軽さで赤道記念碑が来たもんですから、むしろびっくりです。


PC251832_convert_20121226032905.jpg


これが赤道記念碑です。

みんなラインをまたいで写真を撮っていたので、1人で来たぼくもおっちゃんに写真撮ってもらいました。

PC251833_convert_20121226033301.jpg


撮ってもらっといて、あれですけど


くそへたくそですねw


一応コンデジ持っていたので、少し期待してたのですが、残念でした。

大体この期待は裏切られます。

日本人が求める構図は日本人同士しか共有できませんね。


みんな写真撮っていますが、最近の調査で、このラインは赤道より少しズレていることが判明。

急遽作り直した感満載の別の施設が本来の赤道が通っているところあります。

PC251837_convert_20121226033753.jpg


PC251839_convert_20121226034428.jpg


一応行きましたが、感動は芽生えず。
卵が立ったり、真っすぐ歩けないとか、赤道上のいくつかの実験を見学した後、帰りました。


赤道=エクアドルっていう小さい頃からのイメージだったので、行かないわけにはいけませんでした。


今回の南米の旅においてぼくが重要視しているのは自然です。

確かに南米は興味深く、もう一度訪れる日が必ず来ると思います。

その時にまたじっくり見よう。

そう思って、コロンビア、エクアドルは陸路で抜けましたけど、極めて弾丸でした。

そして共通して思うのが、じっくり旅したら絶対おもしろい国だ、ということです。

どちらの国も山、海どちらにも見所を持っていますし、治安も持っていたイメージとは良い意味でかけ離れています。

決して、油断は禁物ですが、各国の政府が治安維持に力を入れていることは少し滞在しただけでも強く感じます。

そしてそれが年々、功を成していることも現実です。

もっともっと南米が旅しやすくなると良いですね!



次回、キトで物欲を押さえ込むことができるか!?

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
posted by ぼら at 04:04| Comment(0) | エクアドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。