世界一周達成しました!!


JAPAN


旅中は、様々な人に大変お世話になりました。

今後また世界のどこかで再会できることを願っています。

次は日本一周ですかね。

2012年11月05日

出発!!

一時帰国2ヶ月を終えまして11月1日、日本を旅立ちました。

目的地はアメリカ大陸。


ブログの方がエジプトで完全にストップしていてすみません。

一時帰国中は地球人になりたいな〜♪(回想乙)のほうで回想編をやらせていただきましたが、旅が始まってしまいましたので、中途半端ですがこっちのブログに帰ってこさせていただきました。

余裕ができれば、エジプト・ピラミッド編〜トルコまで書きたいと思っています。


話が少しそれましたが、アメリカ大陸ということは、東周り!

トルコ・イスタンブールを最終目的地として、東周り半周で、前回の西周り半周と合わせて、世界一周を目指します。
やっぱり世界一周は目標です。
世界一周に関してはいろいろ意見があるかと思いますが、ぼくは世界一周すると言って日本を出てきましたし、何より、いい意味でも悪い意味でも世界一周という言葉が現実味を帯びた現在でも、いやむしろ今の方が世界一周したいという気持ちは高まっています。

こうやってブログを久々に更新しようと思ったのも、旅に出て現地の体験を綴ることによって、綴りたくなったというのが正しいですが、自分の世界一周への思いが高まったからかもしれません。


今、上海→ニューヨーク→メキシコと弾丸で来て、リアルタイムではメキシコ・コスメル島に滞在中です。
カサ・コスメレーニャという日本人宿にお世話になっっています。


今後のルートなのですが、西周りのときと変わらず飛行機、バス、列車、現地調達の柔軟で適当な移動手段をとっていきますので、変更すると思いますがざっと説明しておくと

アメリカ→中米→南米→ヨーロッパ→イスタンブール(目的地)

びっくりするぐらいざっとですね(笑)

とりあえず南米に一番時間をかけようと思っています。

南米は出発前から一番行きたかった地域だったし、出発してからも気持ちは高まるばかりです。
特にここメキシコでは南米を旅してきた人に遭遇する確率がすごい高くて、話を聞くとわくわくが止まりません。

現在、決まっているのは、メキシコの後キューバ、グアテマラを11月中に回って、12月には南米に入りたいと思います。

更新はマイペースですがまたブログよろしくお願いします!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
posted by ぼら at 05:28| Comment(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

世界一周地図再作製!

世界一周って何なんですか?

世界には195の国があるのに、その中のたった30カ国くらい回っただけで「世界一周しました!」なんて嘘っぱちじゃないですか?定義とかあるんですか?じゃあアジア一周は?日本一周は?

あなたの世界一周って何なんですか?



そんな難しい問題知りません



ぼくは難しいことを考えるのは好きじゃありませんし、嫌いでもありません。難しいこと考えてるおれ、今かっこいいなんて思っちゃうような人間なのです。今も、ラオスのカフェもどきでアイスコーヒー飲みながら、本読んだりMacパカパカしてドヤ顔してます。

「世界一周」言葉自体、誰か頭のいい人間がお金儲けのため作り出したものなんでしょうし、一応定義とかあるみたいですが、旅行会社とかが、ぼくみたいな世界旅したい若者にでも手が出せるように都合良く解釈されたものなんでしょう。
どういう目的で作られたにしろ、世の中にうまーく浸透しちゃったんで、すごい便利なんですよ。旅の説明する時も、はじめに世界一周というワードを出せば相手はどんな旅か容易に想像つきますし、話すこっちとしても楽なんです。
長々とすいません。



結局は世界一周って言葉の意味わかんないですけど、便利なので使いますよ〜。



それでも今、ぼくの一番上にある答えはどこの国行った、何カ国行った、関係なく日本から出てぐるっと地球回って日本帰って来ればそれで世界一周かなと思っています。帰ってきて世界一周した感覚無かったら、違うのでしょう。



ということで「世界一周地図」再作成inバンビエン!
なぜラオスでこんなことやってるのかという質問に1秒で答えましょう。

暇だからです!

こんなぼくを罵倒してくれる萌えキャラはここにはいません。

ゆったりゆったりしていた東南アジアがここラオスで2ヶ月の期間をもって終了します。前評判通り居心地良ーくさせてもらいました。そんなまたーりしている東南アジアでまたーり今後のルートを考えていたら、またーりできるのはラオスが最後という悲報がぼくに届きました。
さらにはここ1ヶ月半でいろんな人から集めた世界の国々の情報により(←実際に行った人の話は心動かされる)ぼくの世界行ってみたいランキーングに大幅変更が見られたので、ルートを組み直し、地図を再度繋げてみることにしました。
自分への確認的な記事なってしまいそうなので、講義の合間にスマフォで見ててそろそろ教授の板書が溜まってきた人、会社の短いお昼休み休憩が終わりそうな人、ぼくの記事を開いているがためにもう一個のタブのアニメ動画がなかなか読み込まない人、そっとページを閉じてもらってもかまいません






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



create your own visited country map
or check our Venice travel guide



いまいちわからないですね。






アジア編7カ国 5months
タイカンボジアベトナムラオス→中国→(チベット)→ネパール→インド


太文字4カ国は既に到達済み。
このあとチベットを目指して中国へ。ラオスから成都にすぐ上がり、チベット行きのチケットを手に入れるため中国ビザボ延長、ツアーメンバーの招集、パーミット取得と難関をクリアできれば念願のチベット×ヒマラヤキャンプ。
チベットからネパールへ抜け、カトマンズもしくはポカラまで。
その後、インドへ
・インド一周 2ヶ月
ヴァラナシ→コルカタ→プリー→チェンナイ→バンガロール→カニャクマリ→ゴア→フブリ→ムンバイ→ジョードプル→ムンバイ
主にはヴァラナシでのインド、カニャクマリでの再会、ジョードプルの街並みの3つをじっくり見れればいい。



中東編5カ国1.5months
→ヨルダン→イスラエル→エジプト(アフリカ)→イラン→トルコ
インドムンバイから飛行機でアンマンへ。陸路でイスラエル、エジプト。カイロから飛行機でテヘランへ。中東は早足になるかもしれない。各国見所を自分なりに絞ってトルコに時間をかけられるようにしたい。
ヨルダン(死海)
イスラエル(エルサレム
エジプト(ピラミッド、砂漠)
イラン(イスファハーン)
トルコ



ヨーロッパ編15カ国2.5months
→ブルガリア→マケドニア→アルバニア→モンテネグロ→ボスニア・ヘルツェコビナ→クロアチア→スロベニア→オーストリア→ドイツ→スイス→イタリア→モナコ→フランス→スペイン→モロッコ(アフリカ)
もしかすると今回の旅で一番過酷になるのではないだろうか。理由は旅の中で。



南米編7カ国2.5months
→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→アルゼンチン→パラグアイ→ブラジル
メインはマチュピチュとウユ二。旅出る前、唯行きたいと思った世界遺産。
アルゼンチンでパタゴニアのツアーに行くかどうかはその時の時間とお金次第。
ブラジルは今のところ興味がわかないのでほとんどまわらない。



北米2カ国0.5months
キューバ→アメリカ
キューバに行こうと思ったのは、旅に出てから。ブログや人から聞いてどうしても行きたくなった。
アメリカは1週間もいない。日本に帰るための最安の便に乗るため。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



書いていて思いました。



欲張り過ぎです!



人間よくを表面に出すと物事はうまくいかない。(※ぼくの持論)
期間は1年。というのも来年の3月に大学の同期がぼくみたいなのを除いてみんな卒業しちゃいます。卒業式に行きたいのと、1年という”けじめ”が無いとふら〜っと人生旅人みたいになっちゃうのはぼくの中では違うので、2013年の4月には日本社会に復帰したいです。





ブログランキング参加中
ひきこもり外出確認!
よろしくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
posted by ぼら at 06:16| Comment(2) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

世界一周すること公務員になることと


「なんで世界一周するですか?」

旅すると決めてからいろんな人に聞かれました。
ぼくは真面目なので、それなりの理由を話します。
それなりと言っても嘘をつく訳ではありません。
だからといって、真実かどうかも判断できません。

インドに行って、ボランティアをして現地の人の生活に触れたとき、何か新しいものを始めたり、新しいものと出会ったりするときに感じる”新鮮さ”とは違う、赤ん坊が生きるために呼吸をしたり立ち上がって歩いたりするような”新鮮さ”、これに近いものを感じました。
さらに使い勝手のよい公式や定理を用いて問題が解けたときや何か凄いことをやってのけた人の話を聞いて感じる”面白さ”ではなく、生きている今の興味の全てがもっていかれるほどの”面白さ”を体験しました。
そしてインドだけでなく世界中を旅すればこの何倍も”新鮮さ”や”面白さ”を感じることができるんじゃないかと。こういった意味のことを返しています。

DSC_0149.JPG

たいていの場合
世界一周した人してる人ってのは、今度は自分の世界一周の動機を話してくれたり行った国や今後のルートといった具体的な話になります。
それ以外の人は、凄いねとか羨ましいとか私にはできないとかといった答えが返ってきます。
言ってみれば、同じような答えが返ってきます。でも、ある友達の返答が、準備期間のときもこうやってブログを書いている今でも気になってしまいます。
「まだ甘い。全然考えているように思えない。」
人は常に考えて、その時々の答えを見つけ、その答えに従って今を生きていくものだと思っています。そして同時に、その時々に出した答えを、後になって後悔したり反省したりネタにして楽しんだりして後世を生きていくものだとぼくは思います。
だからこそ、その友達が言った「考えていない」という言葉は、ぼくを不安にさせたり、イライラさせます。
だから考えます。その答えが正しいのか。答えは旅が終わって、いやもっと先にならないと出ないとかもしれないです。他の世界一周者に比べて特別何かをやっているわけでもなくボランティアをしながらという訳でもないので、帰って来て何か偉そうなことを言えるわけでもないですが、この友達にはもう少しましな答えが返せるようになりたいものですね。


「世界一周すごいですね」

これ日本出る前、よく言われた言葉ですね。ぼくも同じ感想でした。世界一周した人のお話聞くと凄いわくわくしたし、憧れました。そして出発するまで、この旅は人生最大の冒険で今から凄いことをやるんだ、という特別感に溢れていました。

世界一周なんてたいしたことありません

今の時代誰だって世界一周できますし、出て来て気づいたのですが世界一周してる人なんてたくさんいます。
ただそれなりの時間とお金は必要です。旅に出てしまえば割と簡単に世界一周できちゃうってのが正直な感想です。
人それぞれその時の優先順位1番ってあるじゃないですか。今だと就活とか公務員試験とかって人が多いと思います。優先順位1番にそのとき持ってる時間、お金、労力をつぎ込むのって普通ですよね。世界一周に必要なのはこれだけです。世界一周を優先順位の1番上にもってくるだけです。
本気で行きたくなったら、自然と誰でもそうなると思いますけど。

ぼくは中学生の頃からずっと公務員になりたかったんです。何より親がそう望んでいました。それがいつの間にか自分の使命になっていました。だから大学選択も公務員に近づけるよう、大学入ってからも4年で卒業して公務員になることを第1に考えていました。その偽りの本心に気づいたのは2年生の春休みにインドにボランティアに行ってからです。その内容は上述した通りです。世界一周したいというのが初めて自分の本心からやりたいこと、というのに気づいてからは世界一周が優先順位の1番上にくるのに時間はかかりませんでした。


ここまでつらつらと世界一周の動機みたいなのを始めて文章にしてみました。
偉そうに語ってる様に見えたらすいません。
実は今カンボジアでこの記事を書いています。ここでの生活は、毎朝10時くらいに起きて日中はハンモックで寝ながら読書とかネットして、夜はカンボジア人と飲みにいく毎日。くそニートです。くそニートの独り言だと思ってさらっと流してください。




それでもほしいあなたのワンクリック
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


posted by ぼら at 14:13| Comment(1) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。