世界一周達成しました!!


JAPAN


旅中は、様々な人に大変お世話になりました。

今後また世界のどこかで再会できることを願っています。

次は日本一周ですかね。

2013年04月24日

聖地で自分宗教を考える


image-20130419153905.png


キリスト、ユダヤ、イスラム教の聖地であるエルサレムには巡礼者が絶えません。



image-20130419154010.png


十字架の道を行く人々。



image-20130419154052.png


イエスのお墓にくちづけするクリスチャン。



image-20130419154129.png



信仰あるその姿が、ぼくには大きなパフォーマンスに見えてしまう。

旅先で自分の宗教を尋ねられることがありました。

なんて答えれば良いのか、分からず無宗教と答えていました。

確かにそう答えておけば、無駄に突っ込まれることはないと思いました。

そして、それは単なる無関心でした。

大学に入ってからキリスト教について聖書を読んだり、それについて解釈をしたりという機会を持ちました。

半ば強制的で、その半端な接し方が、キリスト教をぼくの中で何か物語的なものとしか捉えられなくなりました。

その半端さは自分の宗教についても、その曖昧さを加速させました。

そしてイスラエルを訪れる。

宗教が交わる土地で、自分の考えも整理してみることにしました。

全ての宗教並列させ客観的に照らし合わせることです。

そうすると、自分の中にもほとんどの日本人にとってありきたりなものが眠っていました。


きっと神道や仏教の考え方が1番しっくりくる。


一日数回のお祈りや、週に一度の教会など生活の中には目立って出てはこないけど、いざという時それは横にある。

このような考え方に納得がいきました。

この納得こそが宗教を考える上でもっとも重要なことでした。

その宗教に納得できるか、いや納得したからこそ皆自分の宗教を信仰しているものだと思います。

そしてぼくはまだスタート地点。

自分の宗教についてほとんど無知だと言ってもいいでしょう。

今は寺や神社、日本の伝統的な行事など興味が湧いて、きっと帰国したからは自分の宗教も意識しながらこれらを見て行くことができるでしょう。
posted by ぼら at 02:14| Comment(0) | イスラエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。